新発田市庁舎

2017

  • Office & Other Facilities

新潟県新発田市の新庁舎計画。城下町として400年余りの歴史を持つまちの文化的地域遺伝子を継承し、中心市街地の活性化、にぎわい創出、まち歩きの起点 となることが期待されている。1階には、「札の辻広場」と呼ぶまちなか広場を設けている。大型シートシャッターと床暖房が、冬期の広場の快適性を保証す る。商店街のスケールに合わせた低層部、白い雲のように浮かぶ高層部、その間に挟まれたテラスを持つ議会・市民交流スペースの三層構成。第44回東京建築賞東京都建築事務所協会会長賞、平成29年度照明学会東北支部照明優秀技術賞、平成29年度プレストレストコンクリート工学会作品賞。

所在地新潟県新発田市
用途庁舎
構造RC造+S造
規模地下1階地上7階
敷地面積5462.11m2
建築面積2841m2
延床面積12,995m2
建築設計aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所
構造設計Arup Japan
設備設計Arup Japan
照明計画Arup Japan+山田照明
音響設計永田音響
外構計画-
サイン計画DIAGRAM 鈴木直之
内装設計藤江アトリエ(家具基本設計)
施工大成・新発田・伊藤 特定共同企業体
設計期間2012年4月〜2013年12月
施工期間2014年7月〜2016年12月
その他-
to top
to top